これから金庫を購入する方や、
金庫について詳しく知りたい方を対象にした
総合サイトです。家庭用金庫を分かりやすく説明します

金庫購入ガイドについて

金庫と一口に言っても、耐火金庫や防盗金庫、手提金庫など、用途に応じて様々なタイプの金庫があり、今ではダイヤルを回して金庫のロックを解除するタイプのほかに、指紋認証などの最新の技術を使った電子ロックも登場しています。

当サイトでは、金庫自体の頑丈さや、各金庫の長所・短所など、金庫の特性や機能をより知っていただけるようなコンテンツを随時更新していきます。
是非、このサイトを参考に、用途に合わせた金庫選びをしてみてはいかがでしょうか?

金庫の種類

耐火金庫・防盗金庫
全ての金庫は耐火性と防盗性を備えています。
耐火性に特化した金庫を耐火金庫
防盗性に特化した金庫を防盗金庫と呼んでいますが、厳密な違いはありません。



手提げ金庫
手提げ金庫は文字通り手で持ち運べるほどのサイズの金庫の事です。
主に、商売など外で金銭の受け渡しを行う時などに使います。
小型で持ち運べる半面、安全性は皆無ですから、まとまったお金や、通帳と印鑑を一緒に入れないようにしましょう。




壁金庫
家の壁に直接埋めもむタイプの金庫です。
壁に埋め込むため、侵入者に見つかり難く、持ち去りにくい特長があります。
薄型タイプなら、どんな壁にも取り付け可能。金庫の為に壁を厚くする必要がありません。


キャビネットタイプ
重要書類の保管などに最適なキャビネットタイプです。
通常のキャビネット同じように扱え、万一の火災から書類を守ってくれます。




ポストタイプ
金庫の扉を開けなくとも、金庫に金銭を収納できます。
時間外の集金など、金庫の管理者が不在でも利用できるメリットがあります。
当然扉を開けない限り中の収納物を取り出す事は出来ません。


データメディア用
万一火災にあっても、金庫内の温度が52℃を超えないように設計された金庫です。
データメディアは熱に弱いため、通常の耐火金庫ではデータ喪失の可能性があります。
最近は家庭でもデジカメが普及し、大切な記念をデジタルデータで保存しています。大切な「思い出」を保存するために、メディア用の耐火金庫はいかがでしょうか?

ロックタイプ

シリンダー錠
シリンダー錠とは、鍵を差し込み、回して開けるタイプの事を言います。
ほぼすべての金庫はこのシリンダー錠を装備し、他のロック方式と合わせて使います。
シリンダー錠単体の安全性は高いとは言えず、ピッキングによって解錠される可能性があります。


ダイヤルロック
ダイヤルロックは、ダイヤルを回し、メモリを合わせる事で解錠するタイプです。構造は機械仕掛けなので、信頼性が高く、また比較的安価に作れます。
ダイヤルを合わせるのが多少面倒だとは思いますが、金庫を施錠する時は必ずダイヤルロックをしましょう。


テンキータイプ
テンキーによって暗証番号を入力し、解錠するタイプです。構造は電子ロックなので、電源の供給が必要になります。ほとんどの金庫は乾電池で4、5年動作します。電池が切れると、解錠出来なくなり、金庫によりますが、専門業者を呼ばなければならない事もあります。


指紋認証式
電子ロックの一種で、個々の指紋を登録して使います。一度に複数の指紋を登録出来るので、金庫の管理に便利です。
テンキー同様、電池切れには気を付けなければなりません。
マグネットタイプ


kinkoSite.com MENU

Copyright (C) 2010 Hiroaki Hasimoto All right reserved.